一棟マンション売却ガイド » 一棟マンションを高額で売却するポイント

一棟マンションを高額で売却するポイント

ここでは、一棟マンションをできるだけ高値で売却するための方法を項目ごとにご紹介。ここで紹介する内容を押えておけば、理想的な一棟マンションの売却に一歩近づくことができます。

相場価格よりも高値で売り出せるのが一棟マンションの魅力

一棟マンションは区分マンションよりも売却価格に差が出やすいのが特徴です。

区分マンションは同一マンションの成約事例や、周辺の類似物件により価格相場が決まります。基本的に区分マンションは売却情報がオープンになっているので、相場と実際の売却金額にほとんど差がありません。

ところが一棟マンションは売却情報がクローズになっていて、査定額の評価が不動産会社によってバラバラなことも。一棟マンションは戦略を持ってやれば、価値が低いとされる物件や売れないと言われる物件でも、高値で売れる可能性が高くなります。

相場確認で知識武装

一棟マンションを売却するためには、相場を確認することが重要。相場を知らずに売り出すと、適正価格よりも安く売りに出される場合があります。そんな損をさせないためにマンション相場の調べ方をご紹介。公正な情報を簡単に調べられる方法をまとめています。

一棟マンションの売却相場を確認する方法を見る

不動産査定の種類

不動産査定は、今いくらで自分の物件が売れるのか専門家にチェックしてもらうこと。この査定を目安に物件の売り出し価格を決定します。ここでは、「机上価格査定」と「訪問査定」をご紹介。査定の特徴やメリット、デメリットについてまとめています。

一棟マンション売却の査定方法を確認

不動産会社の種類

不動産会社と一口にいっても、種類や取り扱っている業務は多種多様。一棟マンションを売却するにあたって、不動産会社の違いを知っておくことはとても大切です。こちらではそんな不動産会社の種類について解説しています。それぞれの特徴をしっかり理解したうえで、目的に合った不動産会社を探しましょう。

一棟マンション売却の不動産の選び方を確認

売却活動のポイント

売却依頼をする不動産会社が決まったら、次に行なうのが売却活動です。その売却活動で気をつけるべき点を解説しています。マンションを売却するうえで売出価格を設定するポイントや物件価値を高める方法を知っておくことで、物件を高く売却することが可能になりますよ。

一棟マンションの売却活動のポイントを確認

契約・引き渡し

一棟マンション売却のクライマックス!売買契約から引き渡しまでで売主がやるべきことを解説しています。契約から引き渡しがスムーズにいくことが、マンション売却を成功させるポイント。売却時に必要な費用や値下げ交渉された時の対策などもまとめています。

一棟マンション売却の契約・引き渡しの方法を確認

売却に適したタイミングとは?

一棟マンションをより高値で売却する場合、忘れてはいけないポイントが売却のタイミングです。より高値で売却しやすいマンションというのは、入居者数が多く空室が少ないマンションです。こうしたマンションは次の買主が購入した直後から家賃収入が入り、経営も安定化しやすいです。すると、銀行などの融資や住宅ローンを受けやすくなり、高値だけでなく買主が現れやすいため、結果として高値で早期に売却が可能になるのです。そのため、一棟マンションの売却タイミングとしては空室が目立ち始めたときではなく、入居率や収入がある程度安定しているときが最適だといえるでしょう。

また、気をつけたいのが売却のタイミングで入居者が減り始めてしまうことです。売却をするために契約を行い、実際に広告などが行われ購入希望者が現れるにはタイムラグがあります。契約後に入居者が離れてしまうと、結局は思ったような売却価格につながらず想定よりも低い金額で売却を行わなくてはいけなくなります。

そこで、修繕費を大規模修繕ではなく次の入居者への希望のリフォーム費用に充てたり、期間限定の家賃値下げを行い、可能な限り入居者増加の対策を講じましょう。実際に入居率が回復しなくても、「対策を講じている」ということがアピールポイントとなり売却価格の大幅な値下げの回避に繋がります。もちろん、こうした影響で入居者が増えることに越したことはありません。

さらに、3月や9月など新生活の始まり時や人事異動などが行われやすい時期は、何をしても入居者が離れてしまうことがあります。そのため、こうした時期には売却をやめておき、人員の変動が起きにくいタイミングで売却することも効果的です。加えて、現在の入居者を極力減らさないためにも、各部屋の不都合やトラブルを解決したり、既存の入居者の家賃を引き下げるなどの対策を行うことも良いかもしれません。

ただ、売主としては利益が増えているときや入居者増加の対策を行いながらマンションを手放したいと思わないことが大半です。一般的にマンションの売却を考え始めるタイミングで多いのが入居率が落ちてきた頃です。では、空室が目立ち始めてきた頃には売らず、さまざまな努力を行い入居者が増え始めてきたタイミングで売却を行うのが良いのでしょうか?

もちろん、それでも良いのですがマンションの売却益から諸費用を差し引くと、そこまで利益に差が現れないこともあります。そこで、空室が目立つ場合は他の要因を考慮しながら最適な売却タイミングを見つけましょう。この場合、最も重要視するのが大規模修繕による費用です。一棟マンション全体を修繕しようとすると、少なくとも1,000万円以上は必要です。ですので、マンションの建築年数や次の修繕までの期間、積み立てられた工事費などから、どの程度の負担がいつ発生するのかを計算します。

その結果、修繕費用が大幅に赤字となってしまうようなら、売却してしまったほうが利益となることが多いのです。ただ、次の買主にとって考えると、購入して数年で高額な修繕費用が必要となると購入するのをためらってしまう要因となります。なので、可能な範囲で修繕を行っておくことも重要になります。修繕後のマンションなら入居希望者をある程度増やすこともできますし、修繕費を考慮した価格設定も可能になります。少しでも売却費用を上乗せするためにも、可能な限り修繕を行うことも1つの手段となるでしょう。

このように、一棟マンションの売却タイミングとしてベストなのは収入が安定しているときです。しかし、マンションの状況やあなたの経済事情などによって、そのベストタイミングは大きく異なります。ですので、さまざまな要因を考えながらあなたにとって最適なタイミングを見つけ出して売却を行いましょう。