一棟マンション売却ガイド » 一棟マンションを高額で売却するポイント » 不動産査定の種類 » 一括査定サイト

一括査定サイト

ここでは一括査定サイトのメリットやデメリット、代表的な査定サイトを紹介しています。

不動産を売却するにあたって気になるのが不動産の売却価格ではないでしょうか。ただ、売却する前に複数の不動産会社へ都度査定を依頼するのは労力を要します。ここで便利なのが不動産一括査定サイトです。一括査定サイトの特徴を把握したうえでサービスを利用するようにしましょう。

一括査定サイトのメリット・デメリットとは?

一括査定サイトのメリット

一括査定サイトの大きなメリットは、複数の不動産会社に一度で査定を依頼できる点です。また、複数の査定結果を比べることで物件の適正価格を知ることができるほか、最も高額で売却できそうな不動産会社を見つけることができます。

一括査定サイトのデメリット

利便性の高い一括査定サイトですが、実際のところ必ずしも査定価格通りに売れるとは限りません。契約を獲得するために査定額をあえて高めにしている不動産会社もあるため、売却がうまくいかないケースもあるようです。

【厳選紹介】代表的な一括査定サイト

HOME4U

NTTデータグループが運営するHOME4U。運営歴は16年以上で、売却査定件数累計20万件を誇っています。地域密着型企業から大手企業まで、厳選した全国約900社の企業と提携する一括査定サイトです。1度の入力で最大6社の査定価格をまとめて取り寄せてくれます。

HOME’S

HOME’Sは、株式会社LIFULLが運営する不動産一括査定サイト。独自で設ける掲載基準に則った企業だけを登録し、情報を提供しています。掲載されている不動産会社は全国1,300社以上。各不動産会社の特徴や売却活動のポイントなど、情報が充実しているのが特徴です。

すまいValue

大手不動産会社である住友不動産販売や小田急不動産など6社が運営しているすまいValue。1回の査定申し込みで、最大6社に査定を依頼することができます。運営会社6社の合計で年間10万以上の成約実績を出している不動産売却ポータルサイトです。

イエイ

イエイは、10年以上の運営実績と利用者数400万人を超える不動産売却専門一括査定サイトです。大手不動産会社だけでなく、地元に特化した不動産会社を含めた1,000社以上の企業から、最大6社まで選択して査定価格を比べることができます。査定後のフォローやサポート体制が充実しているのが特徴です。

イエウール

知名度が高い大手不動産会社から地元密着型の不動産会社まで、全国1,400社以上の企業と提携しているイエウール。Web マーケティング事業などを行なっている株式会社Speeeが運営する査定サイトです。クレームが多い企業との契約は解除し、優良な企業だけを厳選。最大6社の査定価格を比較することが可能です。