一棟マンション売却ガイド » 一棟マンションを高額で売却するポイント » 相場確認で知識武装

相場確認で知識武装

マンション売却をする際に最も大切なのは、相場を知ること。相場を知らずに売りに出してしまえば、悪徳不動産屋に安い価格で売却されてしまうかもしれません。しっかり自分のマンション相場を把握して、適正な価格で売却するようにしましょう。ここでは、マンション相場を調べる方法をご紹介。過去の取り引き金額・平米価格・現在売り出し中の物件情報の調べ方についてまとめています。

マンションの相場を確認する方法

国道交通省が提供している土地総合情報システムで、過去の取り引き金額を知ることができます。国土交通省は全国にある不動産会社を管轄している省庁なので信頼度◎。土地・中古マンション・一戸建ての直近2年間分のデータをチェックできます。過去の取り引き価格を知るためには、サイトに入って「取り引き時期」「不動産の種類」「地域」の3つを選択すれば、価格が表示される仕組み。サイトの操作も簡単で分かりやすいのが特徴です。

過去の取り引き平米単価を知りたい

レインズ・マーケット・インフォメーションというサイトから、過去に取り引きされた平米価格を知ることができます。このサイトは、国土交通大臣の指定した流通機構(通称:レインズ)が公開している情報です。マンションの平米価格を知りたい場合は、サイトに入って「マンションから」を選択。次に「都道府県」「地域」を選び検索するボタンをクリックします。注意文が出るのでOKをクリックすれば検索可能です。

情報は散布図で表示されており、横軸は築年数、縦軸が平米単価となっています。

現在、売り出し中の物件情報を知りたい

不動産ポータルサイトのSUUMO(スーモ)、HOME4Uで現在、売り出し中の物件情報を知ることができます。SUUMOの検索方法は「住所」と「条件」で絞り込めば確認可能。HOME4Uは、「都道府県」「マンション」「面積で比較・間取りで比較」を選択すると情報を確認できます。注意したいのは、SUUMOやHOME4Uはサイトには価格は相場より高く掲載しているということ。これは値下げ交渉をするために、あえて高く掲載するというマンション売却の常識的な手法。つまり掲載価格とマンション相場はイコールではないということを覚えておいてください。

マンション相場を個人が調べられる時代に

昔は不動産屋と個人の売主の情報量にかなり開きがありました。情報量の差をいいことに、不動産屋が売主をだまして値下げをするといったことがよくあったのです。今はインターネット上で適正なマンション相場を知ることができます。不動産屋と同じレベルで情報を手に入れられる時代に入ってきているのです。相場について情報や知識が入っていれば、不動産屋の不自然な説明やいい加減な営業に気付けるはず。損をしないためにここで紹介したサイトをしっかり活用するようにしましょう。