一棟マンション売却ガイド » 一棟マンションを高額で売却するポイント » 契約・引き渡し

契約・引き渡し

このページでは、一棟マンションの売買契約から引き渡しに必要なことを解説。売却時に必要な費用や気を付けたいこと、値下げ交渉された時の対応策などについてまとめています。

売却時に気を付けたいこと

一棟マンションの売買契約が成立すると、売主と買主にそれぞれ義務が発生します。売主はマンションの所有権移転と引き渡し、買主はマンションの購入代金を支払わなければいけません。

もし売買契約の義務が実行されなければ契約は解除されます。場合によっては違約金の支払いが必要になる場合も。

契約内容に関して「知らなかった」「勘違いしていた」ということが無いように契約書をきちんと読み込んでおきましょう。

契約から引き渡しまでの流れ

買主と売買契約を結ぶ段階で、マンションの物件情報を開示します。これはマンションを引き渡してからトラブルの原因を避けるために大切なので、問題箇所がある場合は、情報を正確に開示しておいてください。

物件情報の開示をして、売買の合意ができたら契約を締結します。契約の拘束力を高めるために、先に売買代金の一部を売主に支払うのが一般的です。

売買代金を決済したら、一棟マンションを買主に引き渡します。買主は、所有権移転のための登記申請を行いましょう。

マンションを一棟売却する際に売主が支払う費用

一棟マンションを売却するのに必要な費用は、主に以下の3つです。

値下げ交渉について

一棟マンションの購入希望者の多くは値下げ交渉をしてきます。できるだけ高く売りたいので断りたいところですが、ここで成約できずに今後購入希望者が出てこないことが一番のリスクです。

値下げ交渉された場合は、とりあえず交渉に乗って妥協点を探しましょう。大切なのは「最初から交渉を断らないこと」。実際に交渉にもいろいろなコツがあるので、交渉のプロである不動産会社と相談しながら進めるのがおすすめです。