一棟マンション売却ガイド » 一棟マンションを高額で売却するポイント » 不動産会社の種類

不動産会社の種類

ここでは物件の取引形態による不動産会社の種類について解説しています。

一言で不動産会社といっても、さまざまな不動産会社のタイプがあります。それぞれ特徴が異なるため、不動産会社の種類をしっかり把握して、物件に合った不動産会社を選びましょう。

不動産会社の取引様態の種類

売主(事業主)

売主(事業主)とは、取引される物件の所有者のこと。販売情報に売主と記載がある場合、物件情報を提示している広告主が開発した物件、あるいは分譲した物件を直接販売していることを指します。その場合物件を所有する売主から直接物件の取引を行なうため、仲介手数料が発生しないのが特徴です。

販売代理

販売代理とは、物件を売りたい売主から販売の代理権を得た不動産会社が、売主に変わって物件の販売から契約まで行なうことです。買主からすると、販売代理業者は売主と同様になります。この場合仲介が存在しないため、買主と販売代理の間に仲介手数料が発生しません。その代わり、物件の取引が成立した場合に売主から販売代理に手数料が支払われる仕組みになっています。

仲介(媒介)

売主と買主の間に不動産会社が入り、物件を紹介・斡旋することを仲介(媒介)といいます。売主と買主を引き合わせて物件の売買を行なう際の取引条件を調整する役割を担うほか、買主の代わりに売主へ要望や交渉などを行なうことも。一棟マンションや中古マンション、一戸建ての場合、仲介がメインとなります。売買契約が成立した場合、売主・買主それぞれから「物件価格の3%+6万円(税抜)」を上限に、仲介手数料が支払われます。

ニーズに合わせて一棟マンション売却会社をチェック!

不動産会社が取り扱う業務の種類

不動産業者と聞くとどれも同じに思うかもしれませんが、不動産業者の種類によって取り扱う業務も異なりますし、得意分野も変わってきます。ここでは、各不動産が行なう業務の種類と特徴をまとめてみました。不動産会社の業務はこのように分類されます。

分譲業者 マンションデベロッパー、建売業者、開発業者など
買取再販業者 競売物件の買取再販、売れ残った新築物件の買取再販、中古物件や土地の買取再販など
媒介業者 売買物件の媒介、投資用物件の媒介、賃貸物件の媒介など
専門系・その他 企画開発業、資産有効活用業、不動産投資ファンド、オフィスビルや商業施設の運営など

不動産会社が行なう業務を分類しましたが、媒介業者はさらに中古マンションをメインに取り扱う業者、投資用物件に強い業者などに分類されます。

所有する物件を売却したいと考えるなら、まずは売買物件の媒介を行なっている不動産業者を選ぶのが基本。売却に向けて事前に不動産会社が取り扱っている業務の種類を確認し、媒介業者を選ぶようにしましょう。