一棟マンション売却ガイド » 一棟マンションの買い替え、購入に関する知識 » 一棟マンションと区分マンションのメリット・デメリット

一棟マンションと区分マンションのメリット・デメリット

投資用マンションを購入する場合に悩んでしまうことが購入規模です。一棟全てを購入するのか、一部屋だけなど区分で購入するのか、どちらも投資に活用できるため悩んでしまうのです。特に、投資に失敗したときなど、リスクを考えるとそれぞれにどのような特徴があるのか詳しく知りたいですよね。そこで今回は、一棟マンションと区分マンション、それぞれのメリットやデメリットを解説していきます。どちらのマンションの購入方法があなたの思い描く投資と合っているのが、一緒に確かめていきましょう。

一棟マンションの特徴

まずは、一棟マンションの特徴を、メリットとデメリットから解説していきます。

一棟マンションのメリット

一棟マンションのメリットとなるのは、収入が0になりにくいことが挙げられます。投資マンションによる収入は、基本的に居住者がいてはじめて生まれます。一棟マンションの場合、全てが空室となると収入は0円ですが、実際に全てが空室となるケースは極めて稀です。

ですので、空室による損失のリスクを分散できることが一棟マンションのメリットとなります。さらに、マンション全体の規約などを自由に制定できるのもメリットといえるでしょう。例えば、ペットの入居を可能にしたり、リフォームなどを許可したりするなど、入居条件を自由に決められるため、状況に応じて入居者を集めやすくなります。

その結果、入居条件を見直すことで入居者が増えれば、その分収入も増えるためより安定してマンション経営が行えます。つまり、リスクを抑えながら利益を増やしやすいことが一棟マンションのメリットとなります。

一棟マンションのデメリット

一方で、一棟マンションのデメリットとなるのが初期費用です。マンションを一棟丸々購入しようと思うと一軒家よりも高額な費用が発生し、ローンを全て返済し終わるには長い期間が必要です。さらに、これは売却するときにも関係し、高額な上に相場が不透明なため、売却価格が設定しづらく、しかも売却しにくいことがあるのです。

また、地震などに被災した場合、建物の修繕費が高額になる他、倒壊してしまえば収入は0になり、かつ建て替え費用なども発生してしまいます。そのため、災害に関するリスクが大きく、その際のリスク管理が非常に重要な点もデメリットといえるでしょう。

区分マンションの特徴

続いて、区分マンションのメリットとデメリットを確かめていきましょう。

区分マンションのメリット

区分マンションのメリットとなるのが、初期費用の安さです。一棟マンションとは違って、区分マンションの場合はマンションの部屋単位で予算に合わせて購入します。そのため、低予算からでも投資マンションが購入できることが大きなメリットになります。

また、同じマンション内で複数の部屋を購入するのではなく、立地条件などを考えて、複数の地域で購入することができます。これにより、災害や空室などのリスクを分散できるため、一度に資産を全て失うようなことを回避できるのです。さらに、状況に応じて買増や売却が手軽に行いやすいことも、区分マンションのメリットになるでしょう。

区分マンションのデメリット

区分マンションの場合、その部屋のオーナーはあなたですが、別途マンション全体のオーナーが存在します。ですので、入居条件を自由に決めることはできず、入居者を独自に集めることが難しいのです。

さらに、共有部分のメンテナンスなどは全てマンションオーナーが行います。つまり、共有部分への配慮をマンションオーナーが行わないと、それを理由に現在の入居者が出て行ってしまうだけでなく、その後の入居者が集まらなくなってしまうこともあります。

区分マンションの場合はその部屋に入居者がいなければ収入は0になります。投資による利益がマンションオーナーの対応に大きく関わっていることが、区分マンションの最大のデメリットといえるのです。