一棟マンション売却ガイド » 売れない一棟マンションの特徴 » 不動産の売り出し価格が高すぎる

不動産の売り出し価格が高すぎる

ここではなかなか売れないマンション物件のうち、売却価格に焦点をあてて「適正な売り出し価格とは?」「どうしたらマンションが売れるようになる?」という、マンションが売れない理由について解説していきます。

売れないのは売り出し価格のせい?評価の落とし穴

確実に売れる明確なラインはない

時期によって価格が大きく変動する不動産の場合、適正な価格はありません。「この価格だから成約に繋がった!」というよりも、成約に繋がった時点での価格を正しい価格として判断する他ないのです。

裏を返せば、価格を下げれば買い手が現れるとは限りません。もしも価格を下げることに踏み切るのであれば、計画を練って下げなければ買い手を見つけることが難しいでしょう。

価格よりも希望条件に合っているかどうかがポイント

不動産が売れる時の要因として、価格はあまり重要ではありません。安くても土地が狭すぎるのであれば買主は選びませんし、求める以上の好条件を持った高額な不動産もスルーします。つまり買主は、価格よりも希望条件にマッチしているかどうかを重視して不動産を購入するのです。

買主が不動産をチェックする時の心理として、高い物件であれば立地や広さなど「高額になる理由がある不動産なのだろう」と考えるもの。反対に安い物件にも、その価格になる理由があるのだろうと思い、警戒します。

最大のポイントはマンションの良さをアピールすること

不動産が売れない時、真っ先に思いつくのが価格を下げること。しかし価格をただ下げただけでは、マンションの魅力がわからず買主が現れないことが多々あります。

買主が重視するのは、価格以上にマンション物件の特徴です。面積や立地などの長所や短所を洗い出して物件の魅力を把握して買主に伝えなければ、売却できる可能性はどんどん下がります。

プロに依頼した査定額がそもそもおかしい?

不動産会社に依頼した査定額をもとに売り出し価格を決めた人も多いでしょう。プロの意見を参考にしたにも関わらずなかなか売却できない場合は、不動産会社の査定価格が高すぎた可能性もあります。

不動産会社の中には査定能力が低かったり、売主側の希望を汲みすぎたりして妥当な査定額を提示できないところも。悪質な場合だと、媒介契約へ持っていくためにあえて買主が現れないような高額査定を行う会社も存在するようです。

売り出し価格を知識ゼロの状態で設定するのは難しいため専門家の意見を聞くのは大切なことですが、どの不動産会社を選ぶかによって落とし穴を回避できるかどうかが決まります。実績や評判をもとに、適切な不動産会社を見つけてください。

マンションを売却するための解決策

強い印象を与えるように大台を割る値引きを!

なかなか買主がつかないマンションをすぐに売却したい場合の手っ取り早い対策といえば、値下げが有効です。その場合、少しずつ下げていくよりも思い切って大台を割るほどの価格まで下げたほうが、マンション物件を探している購入希望者の目に留まりやすくなります。

実際にマンションを一棟で購入したいと考えている人の場合、熱心に情報収集を行うため売り出しから2ヵ月経った物件は既にチェックしていると考えていいでしょう。

以前気になっていた物件が大幅に値下げしていたとしたら強く印象に残るので、売却に繋がりやすくなります。

内覧まで来てもらうためのテクニックが必要

広告に載っている条件だけを見て購入を決める買主はほとんどいません。そのため売却が決まるどうかのカギは、内覧にあるといっても過言ではありません。

内覧希望者を増やすことができれば、物件の魅力を直接見てもらえるので購入に繋がりやすくなります。つまり内覧に来てもらう人を増やすことも、売却まで持っていくために必要な作戦なのです。しかし、内覧に来てもらえるよう人を集めるためにはノウハウが必要で、知識のないマンションオーナーだけの力では限界があります。

内覧希望者を増やすために力を貸してくれるのは、マンション売却に長けた不動産会社でしょう。購買層に関する分析が鋭く、広告や宣伝の内容について一緒に考えアイディアを提案してくれる不動産会社と力を合わせれば、内覧希望者を増やせるかもしれません。