一棟マンション売却ガイド » 売れない一棟マンションの特徴 » 入居率が低い

入居率が低い

物件の入居率が低い場合、収益が低い物件だと考えられて売却するのが難しくなります。そのため満室に近づけるための対策が必要不可欠。ここでは入居率を上げなければいけない理由と、対策例を紹介します。

入居率が低い物件の場合

入居率が低いとプロに買い叩かれる

プロの投資家は物件の入居率が低くても、収益性が高い物件であれば投資の対象として判断します。しかし経験が浅い投資家は興味を示さない傾向にあるため、物件購入の競争率が上がりません。高値で物件を売却するのが困難になるため、プロの投資家は「チャンス!」とばかりに、入居率の低さを理由にして値下げを要求してくる可能性が高くなります。そのため安値で物件を手放す選択肢しか残らないのです。

銀行の評価が低く、売却が上手くいかない

投資家は毎月のキャッシュフローを重視して投資する物件を探しています。銀行の評価が低い物件だと融資期間が短いため、キャッシュフローを受け取ることができません。そのような物件は投資家にとって投資対象ではないので、建物の売却が上手くいかなくなるのです。この傾向は市場が良い時期に購入した物件に多く見受けられます。市場が下がっている時期は高値で売却が難しいので、なるべくマーケットが良い時期に売却を検討するのがおすすめです。

高く売却するために「入居率」を改善しましょう

空室のある状態で売却しようとすると、買いたたかれるか持て余す可能性が高くなります。しかし空室対策を行った後だと売却がしやすくなるため、提案力に優れた会社は空室を改善するためにアドバイスすることが可能です。ここでは、利回りを高くするため満室へ近づけられる可能性が高い対策の例を紹介します。

一石二鳥!部屋のアップグレードに繋がる成約者プレゼント

成約者に向けたプレゼントキャンペーンは入居率を上げるための定番ともいえる一手ですが、アイディア次第では先々の入居率を高いまま維持するためにも役立ちます。

例えばウォシュレット・照明・浴室テレビなど、費用が同程度になるプレゼントを数種類用意すると、ただ成約者に喜ばれるだけでなく部屋自体の付加価値がアップ。次に入居する人にとってもメリットのある、一石二鳥なアイディアです。

少コストで高パフォーマンス!期間限定の家賃値下げ

空き部屋対策にはある程度の費用がかかります。しかし少ない費用でも、演出次第では部屋を探している人に強いインパクトを与えられます。期間限定の家賃値下げがそのひとつ。1ヵ月6万円の家賃で貸している部屋を「最初の半年間は家賃が5万円」と期間限定のキャンペーンを打ち出すことで、リーズナブルな賃貸物件を探している人にとって大きなアピールになります。

かかるコストを考えると、半年で6万円ほど。部屋を無料で借りられる「フリーレント」という形態を1ヵ月取った時と同じ額でしかありません。しかし「今だけ家賃が1万円OFF!」と聞くとお得に感じられる入居者も多いもの。単に家賃を下げただけでは同価格の他物件との差がわからず埋もれてしまいますが、「期間限定値下げ」というフレーズがあるだけで、選ばれやすくなります。

仲介会社は満室にするアイディアを提案してくれる

満室のマンションであれば高く売却できるとはいえ、空室率を改善するためのアイディアは自分だけではなかなか思いつきません。だからこそプロの力が必要です。ここでは提案力におすすめの仲介会社を紹介。親身になって相談に乗ってくれる会社の力を借りながら、満室状態を目指しましょう。